作業所所長の仕事を知る

作業所所長とはどんな仕事ですか?

メーカー企業様の製造工程の裁量までも任せられる現場を「請負作業所」と呼びます。
私は、その「請負作業所」の作業所統括業務を担っています。
 
現場責任者として、問題の共有と仕事の分担を行い、
お客様対応や折衝を日常的に行っております。
 
常に選択と集中を心掛け、仕事の優先順位を決定します。
請負現場は私の判断や舵取りによって大きな影響が出るためです。
 
その他にも
・管理者の育成
・もの作りの基本「S+QCD」に基づき請負方針の策定
・組織構築
等を仕事として行っています。
意外かも知れませんが作業所所長の仕事はデスクワークが多いです。
お客様との打ち合わせ、折衝などのための資料作り、
現場巡視、スタッフ対応がメインとなります。

作業所所長のやりがい

営業所長のやりがい

「ものづくり」を通じてやり甲斐を感じる。

私のやり甲斐は大きく3つあります。
 
1.出会い
「人財」サービスの職種ですので、お客様、スタッフなど様々な人と接する「出会い」があります。
 
2.充実感
業務範囲が幅広く、多様な知識と経験値、対応力が必要となり「充実感」があります。
 
3. 達成感
課題(目的や目標)をクリアしたときの「達成感」があります。
 
作業所は対応力が必要となる仕事です。
経営者の気持ちで、自分が担当する現場の管理を行っています。
 
製造現場で結果を出し、
お客様に最高のサービスを提供し、
スタッフと一緒に喜び合える。
大変やり甲斐のある仕事だと思います。


日総工産へ入社を考えている方へ

私は、日総工産に入社して18年目になります。
入社時はものづくりをする作業スタッフとして仕事していました。
 
現場経験
現場リーダー
班長
 
とキャリアアップし、
管理者経験を経て現在の作業所統括業務を担っております。
 
入社時から請負現場を担当していたおかげで、
お客様からものづくりのノウハウを教わる事が出来ました。
こういった経験は貴重だと思います。
 
長い製造経験から現場の事を熟知する事が出来、
現在の作業所運営に繋がっています。
 
沢山の人と出会い、その出会いから様々なコミュニティーが広がり、
人生の大きな経験に結びついています。
日総工産に入社して本当に良かったと思います。
≪魅力的な会社です≫
一生かかっても出会うことのできない人との出会いがあり、
日常的に様々な刺激を受ける事ができ、
自分自身の人生に大きな経験を積み重ねる事ができると思います。
是非、一緒に日本のものづくりを支えて行きましょう!
 

ページトップ

日総工産株式会社 中途採用情報

© NISSO CORPORATION All Rights Reserved.